ワサビノキってなに?超わかりやすく説明します!

おそらくワサビノキという単語にたどり着いたきっかけはみなさん「モリンガ」ではないでしょうか。
まず、ワサビノキと調べてよく見かける説明としては、モリンガとはワサビノキ科ワサビノキ属に分類される植物の事です。とか○○の国ではマルンガイ呼ばれていたりします。といった内容がほとんどだと思います。もちろんそれも間違いではないのですが、この記事ではもっとわかりやすくワサビノキをご説明していこうと思います。

もくじ

■ワサビノキを知ったきっかけ
■ワサビノキってワサビの仲間!?
■ワサビノキとモリンガのちがい
■結局モリンガで覚えればいい
■まとめ


■ワサビノキを知ったきっかけ
まず、ワサビノキという単語を知っている人はかなり少ないと思います。もし仮に皆さんのご友人やご家族に「ワサビノキって知ってる?」と聞いたら9割の方が「わさびって木なの?」と返してくるでしょう。

では、どのようなきっかけでワサビノキという単語に出会うのかというと、モリンガって何だろう?もしくはモリンガってかなり体に良いらしい!と知って調べていったら「ん?モリンガはワサビノキ・・・ワサビ?」といったようにほとんどがこんな感じでワサビノキにたどり着いているのではないでしょうか笑

色々記事を読んでみても結局イマイチわからないというのがワサビノキだと思いますが、今回はそのモヤモヤをスッキリさせられるように超わかりやすく短く説明させていただきます。それではいきましょう!



■ワサビノキってわさびの仲間!?
いいえ、ワサビノキはわさびの仲間ではありません!ではなぜ”ワサビ”という文字が入っているのか。それはモリンガの根の香りと味が西洋わさびと似ていることが理由なんですね。でも、西洋わさびはアブラナ科の多年草なので、ワサビノキとは全く違う植物に位置付けられます。なのでもちろんですが、両者に含まれている栄養成分も全く異なるわけですね。

ん?でもちょっと待てよと。西洋わさびに似ていることからモリンガはワサビノキと呼ばれるようになったということは、じゃあモリンガは?なんでモリンガって呼ばれているんだ?ってなってくるわけです。モリンガはタミル語のムルンガイという言葉からきていて、”ねじれたさや”という意味の言葉となります。



■ワサビノキとモリンガのちがい
ということで、今回のテーマの答えはここでお伝えさせていただきますので必ず読んでくださいね。結局ワサビノキとモリンガのちがいは何なのか。それは呼び方のちがいです・・・笑

呼び方のちがいなんですが、そこを超わかりやすく説明をするのが私の務めですので説明しますね。

■名称

学名  モリンガ オリフェイラ
属名  モリンガ
種小名 オリフェイラ
和名  ワサビノキ

■意味

学名  全世界共通で使用される名称
属名  学名の前半部分
種小名 学名の後半部分
和名  日本語独自につけられた名称



■結局モリンガで覚えればいい
ご理解いただけたましたでしょうか。要するに世界共通が「モリンガ」で日本語だけが「ワサビノキ」ということだったんですね。超単純ですよね。だからわざわざわかりにくいワサビノキなんて覚える必要はありません。モリンガで覚えればいいということになります。わかりにくいことするなよ!って言いたくなりますよね笑


■まとめ

それでは、最後にまとめです。
モリンガからたどり着いたワサビノキという言葉。その言葉の意味は以上の内容となりますが、この記事をお読み頂いている方はモリンガが非常高い栄養価を持つ植物と言われていることはご存じかと思います。その栄養価の高さは世界的にも認められており、WHO(世界保健機関)やJICA(青年海外協力隊)としてもアフリカの栄養改善、栄養失調対策に利用されているほどとなります。

弊社としては、そのモリンガの中でも特に栄養価が高いとされている最高級品種のイロコスモリンガを使用しており、さらには腸内環境を整えるという点で数々の実績とエビデンスを誇るBG-21菌発酵物粉末(トリプルシンバイオティクス)という組み合わせを実現し、実績を残すことに成功をしています。さらに注目していただきたい点は、サプリメントの飲みやすさなんです!とにかく飲みやすさにこだわり、非常に小さく日本茶のような味わいに仕上げておりますのでぜひこの機会にお試しください。

飲みやすさが気になる方はこちらへ(HPトップ)→https://bond-studios.net/

それではまた!

目次
閉じる